平凡生活。中年ワーキングマザーViva la vida.

4人家族、中年ワーキングマザーの生活。趣味のウクレレについても書いたりしています。

5歳と3歳男児ー育児のイライラ②

こんにちは。平凡生活を送るお母さんです。

イライラしてしまう、怒鳴ってしまう自分を抜け出して負のループを断ち切りたい。そんな前回のブログの続き。


前回の「5歳と3歳男児ー育児のイライラ①」で書いたとおり、まずは「尋常じゃないイライラ」がどういうときに発生しているのか、その「条件」洗い出してみたいと思います。

つまりいつ・何にイライラするのか。

 

【いつイライラする?】

⑴ 子どもたちが観たい録画でモメて大声を出しているとき

⑵ 硬いおもちゃ類(トミカやプラスチック製の人形など)を床に叩きつけたり、落としたりするとき=フローリングが傷つく、などではなく、純粋に「音」が嫌

⑶ 片付けをしない、ご飯を食べるときに手で遊ぶなど(次男)反抗的な態度を取られたとき

⑷ 消灯した後も寝ようとせず、何かと理由をつけて(お茶飲みたい、等)寝ようとしないとき

⑸ お風呂上がり、薬を塗ったりしなければならない時にぐにゃぐにゃ立ってうまくササっと薬が塗れないとき

⑹ 長男の話の内容や、「なんで?」の質問が意味不明で返しようがないとき

※ なんで海は青いの?とか、そういうレベルではなく、とにかく脈略なく意味のわからないトークと質問が繰り広げられる

⑺ 寝ているときにくっつかれるとき


〜=〜=〜=〜=〜=〜

大前提として、上記内容に耐えられないと感じるのは、PMDDの症状が顕著になる時期に重なっているのですが、そうでない時期にも、ツライと感じるのが上記の項目。

ここまで書いてみて、たとえば「外に遊びに連れていく労力」「保育園への送りの労力」「抱っこが重い」など自分の身体的負荷が理由になっているものは少ないということに気づきました。(自分自身、体力と馬力があることは良いことと評価しよう・・・)

 

これらの項目を自分なりに掘り下げてみます。

⑴と⑵ → に関するストレス

⑶ → 「反抗」にイラっときている?自分の思い通りになっていないことにイライラしてしまっている?

⑷と⑸ → これも効率的にさっさとしたい、早く寝てもらって少しでも自分の時間がほしい、という私自身の「自分の都合」が通らないことに苛立っている

⑹ → 「年中さんにもなってこんなにつたない会話しかできなくて大丈夫なのかな?」という不安感と焦りがストレスになっている?

⑺ → 自分自身が眠たいとき、寝るときは生理的にベタベタされるのが無理・・・という問題

 

うーん、こうやって整理してみると至極自分勝手な、親として未熟な自分が浮き彫りになりました。


音のことは、私はPMDDが悪化するとミソフォニアを併発するので、サプリや耳栓で対処するしかなさそう。


「自分都合」の部分は・・・自分が人間的に寛容になり、こどもをもっとのびのびと育ててあげることの大切さ、子が小さいうちは「諦めるスタンス」も大切に!などを意識して繰り返し自分の中で呪文のように唱えて自分の中に落とし込んでいく努力が必要だと思いました。


長男の成長について感じている不安や焦りが、育児や自分自身のメンタルに悪影響を及ぼすのであれば、長男の苦手より得意を伸ばしていると実感できるようなことをしたり、発達相談などを通して「今できるベストは尽くしている」と自己暗示をかけたり、安心材料を意識的にみつけたりすることでコントロールしていきたいと思います。


⑺の生理的に私自身が苦手なことについては、何気にこれが一番対応策が難しいような。。。手を握る、頭を撫でる・・・など、代わりにできることをしてあげたいと思います。


私は決していい母親ではないけれど、子どものためにしていることで子どもも喜んでいること(例えば、積極的に外遊びに連れていく、等)もあるので、自分の中のダメなところばかりに目を向けずに行きたいと思います。


こうやって、ひとつひとつ自分なりの対応策を考えても、ひとたびPMDDが顔を出すと、すべてが覆ってしまう恐ろしさよ・・・


これを言ってしまえばおしまいですが、あらためて、何もかもPMDDが諸悪の根源に思えてならない私なのでした。

(少しカリカリ、ピリピリが強くなってきたかな、と思ったら我慢しないですぐにサプリを飲むように気をつけよう。)

 

5歳と3歳男児ー育児のイライラ①

平凡生活を送るお母さんです。平凡・平和な日々を送っているものの、人並みに育児に悩み苦しんでいることもあります。

誰に向けているでもない雑記ブログなので、今日は思い切って育児について吐き出そうと思います。


私は5歳と3歳の男の子を育てています。頭では今が一番可愛い時であることも、長い子育て期間も振り返ったらあっという間に感じるのだろうということも、頭では(いや、字面だけでは)理解しています。でも、心からそう思いながら育児ができているわけではありません。


まず、自分にとって子どもたちはとても大切な存在であること、愛していること、幸せな人生を歩んで欲しいと心から願っていることーこれらはすべて前提にあることをここに前置きします。


それでも「しんどい」「つかれる」「イライラする」と声を大にして言いたいです。

批判を恐れずに言ってしまうと、話しかけられることすら、つらいことがあります。

まさに子どもたちにとってはピリピリしてすぐ怒るお母さん。なぜこんなに上手くできないんだろう。なぜ子どもともっと笑い合い、楽しく過ごせないのだろう。PMDD(月経前気分不快障害)を患っていることもあり、1ヶ月の約半分弱は、こんな気持ちを抱えたまま過ごしている気がします。まさに一触即発。導火線がなく、着火と同時に爆発、のような状態。


夫婦ともに在宅勤務をして、夫は特に家事に協力的で、ひとりで家事育児を抱え込んでいるわけでもないのに、すぐ子どもにイライラしてしまう自分は本当にダメな母親で、いつも罪悪感に苛まれます。

 

周りのお母さんが、みんな穏やかで優しそうで、とてもいいお母さんに見えます。あぁ、私とはまるで天と地との差だ。


こんなお母さんでごめん。この子たちは私のことをどう思っているのだろう。こんな母親に育てられて真っ直ぐ問題なく育つだろうかーこんなことばかりが頭を巡る。なのに、ちゃんとできない。優しくできない。

 

しかし、育児は辛くても、逃げ出すわけにもいきません。なんとか試行錯誤を続けることしか、できることはないのです。

そんなわけで、まずは「尋常じゃないイライラ」が発生している「条件」洗い出してみたいと思います。つまり何にイライラするのか。

 

きちんと要因(イライラの原因となっていること)がわかれば、何か策を講じることができるかもしれないし、無策のままではこの「良くないない状態」がただただ繰り返されて負のループから抜け出せそうもないから。


「5歳と3歳男児ー育児のイライラ②」に続きます。

折り畳みキーボード iClever買ってみた

こんにちは。平凡生活を送るアラフォーおかあさんです!

ブログ書きたいなと思っても、全然時間が捻出できず、いつも数ヶ月スパンで放置プレイしているこのブログ。

スマホから書けるのはもちろん知っているので、例えば子どもの寝かしつけついでに・・・とか、少しカフェで・・・とかやってできないことはないはず、と思ってはいたのですが、

そこには致命的な弱点が。

 

そう・・・フリック入力で長文書くのがしんどい問題!(他にもそう思う人っていないのだろうか。)

そこで前前から気になっていた折り畳みキーボードをついに導入してみることにしました。

 

まったく同一の商品ではないけれど、私が選んだのはレビュー数と評価の高さから「iClever」のもの。

スマホタブレットを立てることができるスタンドもついています。

私が購入したのは色がシルバーでキーボード自体の色はホワイトです。

慣れるまでは少し時間がかかるかもしれないけれど、ブログ文章のような長文を入力するにはやっぱりキーボードがあると作業負荷が全然違う気がしています!

f:id:watashivivalavida:20210602231801j:image

比較のためにペンと並べてみたのでコンパクトさ、伝わりますか?

折り畳むと真ん中でパタンと折れて、ペンケースより二回りくらい小さな長方形になってとってもコンパクト!!!

これなら少し気分転換にカフェに行った際にブログを書いたり、仕事のメールに返信する、なんてこともできそうです。

これから頑張って活躍してもらおうと思います。それでは、また。

【ウクレレ】最近の練習曲とちょっと嬉しくなったコト

平凡生活を楽しむウクレレ好きなおかーさんです。

晴れて初心者を脱して「初中級」の仲間入りをしたわけですが、少し前の練習曲や弾けるようになった曲のうち、特に気に入っている曲をご紹介します。いずれもソロ曲です。

・ライムライト

・魅惑のワルツ

・虹の彼方に

やっぱり自分が好きな曲を弾けるようになってくると、もっと綺麗に演奏したいっていう「いい欲」が出てきますよね。

ちなみに3曲とも好きだけど、特に好きなのは虹の彼方に・・・です。

 

そしてただいま練習中なのが「雨にぬれても」です。

これもポップで可愛い曲なので弾いていて楽しい。京王電鉄のCMでギター弾き語りしているあの曲ですね。誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

自分のウクレレの成長を自分で感じられた出来事がひとつ。

ウクレレで奏でるスタジオジブリ名曲集」の中にジャカソロでスウィング調にアレンジされた「Fine on my side」(思い出のマーニー)曲を、すんなり・・・とまではいかずとも、しばらく練習したら弾きこなせるようになったこと!!

ジャカソロでもしっとりしたアレンジで模範演奏のCDを聴いたときから、こんなの弾けるようになりたいな〜って思ってたんです。

 

いつの間にか、自分がそこに手が届いていたんだな、と思うとちょっと嬉しかったです。

 

日々の忙しさから、毎日毎日触っていたウクレレが、ときに2日に一度になったりするけれど、細々とでもいいから小さな炎は消さないように行こうと思います。

 

それがずっと先、さらに生き甲斐になるかもしれないし。

技術が追いついていないけれど、弾いてみたい曲はまだまだ浮かんできます。

 

これからも、ちょっとずつがんばろう。

ストレスフルライフぶらり旅

世界中がコロナウイルスに飲み込まれて早一年以上経過。

生活も変わったし、直接的にも間接的にも、さまざまな職業の方が影響を受けていると思います。

経済も低迷しているし、今仕事を持っていても、この先の人生どう変わっていくかわからないな・・・今の仕事はいつまで続けられるだろう・・・

そんな漠然とした不安感に付きまとわれている人も多いのではないでしょうか。

私も、時に家事も育児も仕事も、どれもこれも嫌になってしまってなんだかとても気分がつかれる日があります。一言でいえば、活力が出ない。元気が出ない。某栄養剤のCMじゃないけど、「朝からダル重~」(っていうか朝から晩までダル重)という状態。

 

働くことって、これからの時代はものすごく長い目で見なければならないことだと思っています。労働人口は減るし、なんとか子育てを終えることができたとしても、その後だって働かなければ食べていけるかわかりませんからね。

自分は働くことは嫌いではないし「働いていた方が健康を保てるのではないか」と考えていることもあり、生涯現役という考え方に抵抗はないし、むしろ憧れすらあります。

 

でも、いざ、このさきもずっとずっと仕事が待っているんだ・・・と思うと異様に疲れを感じる日があります。幼児2人の子育て中で、気力と体力を常に消耗しがちだからでしょうか。

 

これからも、働き続けるからこそ、ちょっと意図的にペースダウンしたり、休みながら行かないとダメだなーと思う今日この頃。

 

身体や心は、これからを生き抜く何よりの資本。ストレスフルな毎日だからこそきちんと労わることも忘れず、長い道のりをぶらり行きたいものです。

 

 

 

【ウクレレ】1年経過、初心者卒業?!

こんばんわ。平凡生活を送る、ウクレレ好きのお母さんです。

もはや数ヶ月に一度、更新するかしないか…誰が読んでいるでもないこのブログ。

 

でも今日は絶対更新するんだ!と息巻いていました(嘘。さっき思い立った)。

 

ウクレレを本格的に習い始めて、今日でなんと祝丸一年経ちました!!!わーい!!!

 

はじめは子どもが音楽に興味を持ってくれたらいいな、憧れの近藤利樹くんやジェイク・シマブクロのようになってくれたら…(もちろんただの妄想で本気ではありません!)なーんて思い、子どもを連れて体験レッスンの見学に行ったのがきっかけです。

 

しかし子どもはまだ小さすぎて「習う」のは難しいとのことでした。お母さんが楽しくウクレレを弾いていたらお子さんは絶対に興味は持ちますよ、と先生に勧められ、私もそれはそうだろうな…と思い、半ば自分のために、半ば子どもの楽器への興味のためにはじめたウクレレ


そのまま、コツコツ少しずつですがほぼ毎日ウクレレに触れること1年。

先生曰く、「初級は卒業」とのことです。

ソロ曲でいうと、初中級くらいでしょうか。自分で初中級と言える日がくるなんて。照れる。

 

目標としては、将来的にはジャカソロに挑戦したいし、先生のつくる楽譜ではなく自分が弾きたい曲を弾けるようになりたい…

 

ひとつ問題になりそうなことといえば、先生があまりジャカソロは好きではなさそうということ。(年配の先生ということもあり、わりとトラディショナル)

まあそこは追々悩もうかな、と思っています。

 

最近では

・ライムライト

・魅惑のワルツ

・虹の彼方に

・サノエ

・プアリリレフア

・サノエ

・ハワイアンウエディングソング

などを弾いています。

 

良き一生の趣味として、人と比べることなく

コツコツ、楽しく、ゆるやかに楽しんでいこうと思います。

 

【ウクレレ】「持ち曲(レパートリー)」をキープする方法

ウクレレをコツコツ練習中のアラフォーお母さんです。

1月ぐらいからウクレレ教室に月に2度ほど通い、練習は体調を崩したり外泊している日を除いて、基本的には毎日。時間は少なくても、とにかくコツコツ毎日。

やる気がない日は、ちょびっと触って終わる日もあるけれど、それでも、毎日ウクレレに触るのが苦にならないように「ウクレレ弾きたいな~」と"思い込む"作戦。

 

この作戦が功を奏してか、少しずつではありますが、それなりにレパートリーが増えてきました!

 

そしてここでぶつかる壁。それは・・・・

『一度弾けるようになった曲を、しばらくすると忘れる』

ということ。

まぁ、そりゃあそうでしょうね。その曲を練習中は、主にその曲を繰り返し弾くわけですが、弾けるようになった!さぁ、次の曲の練習だ!となった途端、いっきに弾く回数が激減するわけですから。

いくら私がまだ簡単な曲しか弾いていないとはいえども、弾けるようになった曲をキープするのは、曲数が増えていけば難しいのだということに最近気づきました。

 

時々、前の曲に立ち返って弾いていたりしたのですが、曲が増えると、頻度もバラバラで、追いやられてしまう曲も増えてきます。

 

弾けるようになった練習曲の中には、好きだからいずれは暗譜したいもの、ハワイアンで、いかにもウクレレ弾いています♪というウクレレ気分を高めるためにも、いつでも弾きたいものなどがあり、これらが追いやられて気づけば弾けなくなってしまうのはとても残念ですし、それだけは避けたい。

 

何かいい方法はないかなぁ、と思い、「過去の練習曲、持ち曲化作戦」を考えました!

 

「定期的に」「一定の曲に偏らない頻度で」「お気に入り曲のリスト化」がポイントとなると考えました。

私のとった方法は、以下のとおりです。仕組みはいたって簡単。

 

① カード(紙でもなんでも)に、持ち曲にしたい曲を書く。(カード/紙1枚につき、1曲)

② 毎日、①の中から1~2枚、カードを引き、出たカードに書かれた曲を弾く。(練習中の曲の前の指慣らしでも、途中でも、練習の終わりでも。)

③ 一度引いたカードは除けておく(カードの山に戻さないで!)

④次の練習日に、また①のカードの束(山)からカードを引く(以降②~を繰り返す)

⑤カードの束(山)からカードがなくなるまで、これを続ける

 

その日の気分ではないカード(曲)を引いたら、戻して別の曲を選択してもいいと思いますし、途中で新たなカード(曲)が追加になってもいいと思います。

レベルアップしたら、リスト化(カードの枚数)も増やしたり減らしたり調整すればいいわけです。

これなら、楽譜をパラパラめくって弾く曲を選ぶより、漏れなくある程度の頻度を保って弾けるはず!

 

大事なのは、これで、「定期的に」「漏れなく」「一定の曲に偏らず」に弾き続けることができるということ。

 

ウクレレ練習中の方は、ぜひ試してみてくださいね~!